CAREER ADVISOR INTERVIEW

キャリアアドバイザーインタビュー
明るい未来を応援したい
キャリアアドバイザー
山根 寛志
Hiroshi_Yamane
山根 寛志
10年務めたサービス業界から心機一転医療業界へ転職し、改めて10年が経ちました。薬剤師から医師担当へと更なる成長のため日々勉強の毎日です。

キャリアに対しての想い

転職が今のように当たり前になる以前は、新卒入社から定年退職まで同じ職場で働くしかなった訳ですが、現代は様々なお仕事の取捨選択ができる時代となりました。
少子高齢化に伴い全国的に働き手不足が続いておりますが、選択肢が多い故に自分がどうなりたいか、何を大切にするべきかを見失っている方もいらっしゃるように感じます。
収入やお休み、夢やご家庭の事情など人それぞれの「キャリア」に関するお悩みの方々に、我々アドバイザーは必須な存在にならなければと思います。
特に医療業界はこれからの時代の根幹を支える職種となります。
働き甲斐を持って「笑顔」で患者様と向き合える医療従事者が一人でも多くなるよう多角的な視野からキャリアをお支えしたいと思っています。

キャリアに対しての想い

アドバイザーとしての強み

ITやAIが全盛の昨今、お仕事を紹介するだけなら誰でもできるかも知れません。
実際にメールで求人票を送るだけのエージェントは複数ありますし、電話すら煩わしいと思われる方もいらっしゃいます。
その上で私は必ずクライアント先に足を運びますし、求職者にも極力お会いしたいと思っています。
求人票では分からない情報や求職者の本当のお人柄をお伝えしたいからです。
多くの方は本気でご転職や人材獲得に悩まれています。だから私も本気で相手の気持ちに寄り添わなければそれは嘘ではないでしょうか。
つい最近も私が担当させていただいている先生から「やはりface to face」が一番ですねとのお声を頂きました。今後も顔が見えるアドバイザーであり続けたいと思います。

アドバイザーとしての強み

印象に残った過去の事例

他社から面接を受けて内定を貰ったという薬剤師の方からご相談を受けた時のお話です。
勤務条件は合っているが、社風や離職率などの説明が無く分からないので辞退するか迷っているという内容でした。
私なりにご希望条件を伺った上で近隣の求人をリサーチしましたが、やはりその求人がその方にとってベストの求人であると判断しました。
正直にそのリサーチ結果をご報告をした上で内定をお受けした方が良いですよとご説明をしましたが、その方は別の求人にした方が良いと私が言うと思われていたようでして、とても驚いていらっしゃいました。
結局そのままご入社されたのですが、数年後その方からご友人をお二人もご紹介していただきました。正しいことを当たり前にできたことが嬉しかった事例です。

印象に残った過去の事例

キャリアアドバイザーに相談する

(平日9:00~18:00 土日祝除く)

0120-979-882